優れた特徴を把握しよう!シートバッグの適した使い方
ロゴ

サイドバッグとシートバッグの二つを目的に合わせて使い分けよう

優れた特徴を把握しよう!シートバッグの適した使い方

男性

使わないときにはコンパクトに収納可能

大きめのシートバッグは荷物をたくさん入れることができて、長旅には便利ですがいざ使わないときには邪魔になってしまいます。ところがシートバッグの種類によってはコンパクトサイズに折り畳める便利なものもあります。
折り畳むと引き出しにも収納できるコンパクトサイズにすることができます。頻繁に使わないサイズのシートバッグを購入するときには、便利機能にも注目してみることがおすすめです。

タンデム専用のシートバッグもある

タンデム対応バッグの魅力は中央を上げるとタンデムすることができます。まるで椅子のようにできあがります。椅子としての目的だけでなくしっかり収納もすることができます。ツーリングのときには後ろの座り心地が悪く座布団のように敷くものがないと痛さがありますが、タンデム対応バッグを使うと座り心地もアップします。

シートバッグとサイドバッグの違いを比較

ベルトとバックルで固定できるシートバッグ

シートバッグのメリットは積載量をアップすることができます。シートの下にベルトを通してバックルで固定するため、車体側に取り付けパーツなどの必要がなく車体本体に傷を付ける心配がありません。リュックなどを背負えば積載スペースの確保ができますが、夏場の蒸れは防げないためシートバッグがおすすめです。
シートバッグのデメリットはバイクに乗るときに固定しているバッグが邪魔で跨ぎにくいことがあります。

シートバッグよりも積載量をアップできるサイドバッグ

シートバッグと同じように積載量をアップさせることができるサイドバッグは、左右に付けることができシートバッグよりも収納量を確保することができます。リアシートを空けることができるのでタンデムすることもできます。
サイドバッグのデメリットは、バイクの種類によってはマフラーやタイヤにバッグが触れてしまって破れてしまったり焦げてしまうことがあるため取り付け位置には注意が必要にあることもあります。

使う目的によってバッグを変えよう

バイクにつけるバッグはシートバッグやサイドバッグだけでなく、タンクバッグやパニアケースといった種類が豊富になります。
タンクバッグはタンクにつけますが、ナビや地図などバイクに乗りながらも出し入れすることができますが、タンクに小さな傷ができやすく、スタンドで給油するたびに取り外しをする手間あがあります。
パニアエースはプラスチックなどでできた頑丈なケースです。鍵も取り付けでき雨にもほとんど濡れることがありません。デメリットは高額で専用パーツが別途必要になります。重さがあります。

広告募集中